スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミ通大会を終えて。



なんという地味な結果。

そんなこんなで終わりましたねー。ファミ通大会。
なんというか、現環境はどんな感じかというのを、
改めて知ることができる大会でした。
最高レートは1580くらいだったなぁ・・・

ちなみにパーティの方はどんな感じだったかというと、
ファミ通大会2
※クリックでちょっと大きくなります。

主にファスガや猫だましで相手を上手に止めて、
ビビヨンで眠り粉を撒きながら殴り続けるのが今回のパーティ。


とりあえず戦っていて印象深かったのをまとめてみると。
とにかくプテラとモロバレルが多い。
前者は自慢の速さを生かした岩雪崩による場荒らしと、フリフォによる拘束。
後者は怒りの粉を利用した縛りと、キノコの胞子での行動封じが凶悪でした。

とくにモロバレル。
こいつは自慢の耐久を生かし、ゴツメ&怒りの粉で直接攻撃系を拘束してきて、
また弱点を突いても倒しづらい、相方に厄介なアタッカーを抑えている、
突然のトリパ等々...
とにかく厄介で仕方がなかったです。

そしてこの戦いを期に、カロスダブルの現環境は、
水ロトム草ロトム な気がしましたね。
水ロトムの範囲はたしかに、非常に優秀ではあるのですが、
この上記のモロバレルを相手するとピッタリ止まってしまいます。
そしてモロバレルは相方として飛行系、水系のポケモンをフォローすることが多く、
怒りの粉のせいで、せっかく相方を狙いたいのに狙えないということばかりでした。
草タイプなため粉系の技を無視することができる草ロトムは、
その上記の点を抑えることができ、環境に刺さってると思います。


他には、やはり600属達でしょう。
威嚇を撒きつつ、スカーフを持っていることが多く範囲も広いボーマンダ。
ぶっ飛んだ強さはなくも安定性が凄まじいガブリアス。
スカーフ、ヨプの実、チョッキなど型が多く火力、耐久ともに優秀なバンギラス。
どいつもこいつも非常に対処に悩まされましたね。

特に私のパーティに入っているガルーラはいるだけで厄介ということもあり、
警戒として威嚇を撒かれやすく、対処に困り続けておりました。
そのため、ガルーラの相方に威嚇に強いキリキザンなんかを採用したいところか。


正直ポケモンには飽きを感じつつもありましたが、
結果発表でちょっと気持ちが戻ってきた気がしないでもないです。
ただシングルは当分フリーで遊ぶ程度かなー。
ちょっと余裕を持てないまま戦っている気がしましてね。
ということで、ではではっ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マヒ

Author:マヒ
もう書くことはないかなー。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。