スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びびよん!

P1020012.jpg

ビビヨニストになりましたー。

やっぱり最後は砂塵ビビヨンでしたね。
ニャースと交換で手に入れられ、伝説のポケモンは死守できました。
そして、対戦である程度使える模様のビビヨンは、
理想個体:雅、大陸、マリン
HBDいずれか抜け:雪原、スコール、雪国、庭園、太陽、オーシャン
半分と、意外と使える模様の子が多いですね。

そんなこんなでレートの方の話ですが



1900台、乗りましたよ!

相も変わらず、トゲキッスの枠で悩み続けておりましたが、
かつて役に立てないと投げ捨ててしまったギルガルドがパーティ構築の正解でした。
防塵ゴーグルガルド強いよなーと相手してて思い、
そして私自身キノガッサが出てくるとつらいという立ち位置でしたので、
この子の採用が正解だったみたいです。
ついでで初手に来やすく、厳しかったマンムーを相手できるのもいいですね。

とはいえ、5匹でいい感じに回っていたパーティ故、ガルドの選出率は最下位です。
ですが、こういう縁の下の力持ちがいてこそ、パーティって回るんですね。



さて、1900台に乗ったってことで、今回はおまけでビビヨンについて。
ビビヨンは高いSからの97%にも及ぶ眠り粉でハメ殺しを得意とするポケモンです。
そのため対策は必須、ですが間違った対策をしないよう、ちょっとまとめときます。

まず眠り粉対策といえば特性:防塵、草タイプの採用など。
ですが、草タイプは暴風で弱点を突かれ、
あのメガフシギバナですら1蝶舞からの暴風でH振りが確1なため厳しく、
特性:防塵持ちも、バルジーナなんかでは飛行技を持たない限り、
1蝶舞からの暴風でサクッと狩られてしまいます。

そのため、特性:防塵持ちはランクルスやシュバルゴのような、
耐久と火力をあわせ持ったポケモンでないと居座りは厳しく、
草タイプは襷を持って対面できるくらいの状況を作ったり、
先に眠り粉を撒いてしまう、2体がかりで突破するくらいじゃないといけません。

また、防塵ゴーグルもビビヨン狩りに優秀な道具ですが、慢心は危険!
例えばギルガルドが有名なゴーグルの所持者ですが、
粉が効かないからといって、悠長に積み技を使っていると、
暴風の試行回数を稼がれ、混乱で自滅を狙われてしまいます。

と、そのためビビヨンへの対策は強力な先制技で一気に倒しに行ったり、
飛行が半減なポケモンに防塵ゴーグルを持たせ一気に倒したり・・・
とにかくターン数をできる限り少なく済むようにして倒すことが第一です!
また、ライコウなどの耐久があり、速くて飛行半減なポケモンもオススメです。


そして最後にビビヨンに対面したら忘れてはいけないこと。
それは最後まで試合を続けることです!
ビビヨンは非常に厄介なポケモンでこそありますが、
技の命中率が基本100%でないことと、食べ残しなため少し間に合ってないこと、
その点からかなり運は必要であれど、詰みを狙うポケモンでありながら、
いばみが戦術と同じように運が絡む戦術になっているのです。

ビビヨンを使っている上でも一番怖いのは上記の外し。
そのため、例え勝てそうには見えなくても頑張って最後まで続けましょう!
ということで、次は2000台を目指すぞおおおお!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マヒ

Author:マヒ
もう書くことはないかなー。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。