のヴぁぐらぷら

ドロートリガーをどのくらい採用すれば良いかで悩む、今日のこの頃。
いつもの追記、デッキレシピ記事ですー。

G3 7枚
○シュテルン・ブラウクリューガー 2枚
パワー10000
・V ソウルに「ブラウクリューガー」がいるとき+1000
・V CB2、手札を2枚捨てる
 このユニットのアタックがヴァンガードにヒットしたときコストを支払ってよい、
 払ったら、このユニットと同じ縦列にいるユニットをすべてスタンドし、
 そのターン中、『ツインドライブ!!』を失う。

○装甲妖精 シュビーラ 2枚
パワー10000
・V このユニットが【ノヴァグラップラー】にブーストされたとき、パワー+3000
・SB3 このユニットのアタックがヒットしたとき、
 【ノヴァグラップラー】のヴァンガードがいるならコストを支払ってよい、
 支払ったらカードを1枚ドローする。

○Miss スプレンダー 3枚
パワー10000
・このユニットがアタックした時、そのバトル中、『インターセプト』できない。

G2 11枚
○キング・オブ・ソード 4枚
パワー10000

○マジシャンガール キララ 1枚
パワー9000
・CB2 このユニットのアタックがヒットしたとき、
 【ノヴァグラップラー】のヴァンガードがいるならコストを支払ってよい、
 支払ったら1枚ドローする。

○NGM プロトタイプ 2枚
パワー8000
・このユニットが『インターセプト』したとき、
 【ノヴァグラップラー】のヴァンガードがいるなら、シールド+5000

○ブラウクリューガー 2枚
パワー9000
・V 「ブラウパンツァー」がソウルにあるときパワー+1000
・V このユニットのアタックがヴァンガードにヒットしたとき、
 ダメージゾーンの裏向きのカードを1枚まで選び、表替えす。

○アイゼンクーゲル 2枚
パワー10000
・ヴァンガードに「ブラウクリューガー」か「シュテルン・ブラウクリューガー」
 がいないとき、パワー -5000
・このユニットがアタックした時、パワー+2000

G1 15枚
○タフ・ボーイ 4枚
パワー8000

○オアシス・ガール 4枚
パワー7000
・CB1 パワー+1000

○ブラウパンツァー 4枚
パワー6000
・ソウルに「ブラウユンガー」があるとき、パワー+2000
・R このユニットが登場したとき、手札からG3のユニットを捨ててよい、
 捨てた時、山札から「シュテルン・ブラウクリューガー」を手札に加えシャッフルする。

○ツイン・ブレーダー 3枚
パワー6000
・このユニットがガーディアンゾーンに登場したとき、
 ヴァンガードが【ノヴァグラップラー】なら、
 手札から【ノヴァグラップラー】を捨て、そのバトル中、アタックがヒットしない。

G0 17枚
○ブラウユンガー 1枚
・このユニットに「ブラウパンツァー」がライドしたとき、
 山札から「ブラウクリューガー」を手札に加え、シャッフルする。

○シャイニング・レディ 2枚
パワー5000
クリティカルトリガー

○ラッキー・ガール 4枚
パワー5000
スタンドトリガー

○ラウンドガール クララ 4枚
パワー5000
ヒールトリガー

○スリーミニッツ 2枚
パワー5000
ドロートリガー

○レッド・ライトニング 4枚
パワー4000
クリティカルトリガー
・R このユニットをソウルに置く、
 ダメージゾーンの裏向きのカードを1枚まで選び、表替えす。


基本的にシュテルン・ブラウクリューガーにライドするのを目標にしたデッキ。
まず、シュテルンの能力は嫌がられて通させなくさせられるため、
今、あまり使われてないスタンドトリガーは相性が良く、
スプレンダーやアイゼンクーゲル、キララなどとは特に相性がいいです。

そして逆にシュテルンの攻撃が通ることも想定し能力発動時、相性の良い、
クリティカルトリガーも多めに投入。その能力により、3ターンキルも夢ではありません。
万が一ライドできなかった際はシュビーラにライドを、
シュテルンと違い、一度限りとはいえドロー能力を持ち、火力も高めなため優秀です。
シュテルンの強化+シュビーラのドローを利用するためレッド・ライトニングも役に立ちます。

キララはそもそも持ってないためピン差し。
カウンターブラスト回復はレッド・ライトニングしかいないためピンでもいいかもですが。

能力持ちスタンドトリガーの「グラップルマニア」採用は考えません。
ブーストしたアタックがヒットすれば、CB回復+デッキ戻りができる強みこそあれど、
趣味に合わない+計算しづらくなるがあるのでラッキー・ガールで十分でしょう。

火力で押す、その性質上、
相手の手札は減らしやすいですが、逆にこっちの手札消費も激しいです。
ドロートリガーをもっと採用したいところですが、何度も回した結果、
ドローよりスタンドトリガーのが重要な点があるので非常に悩みどころです。

現状、ほぼ完成ですが、弱い部分、強い部分が分かりやすいため改良がしやすいのは利点。
今後もヴぁんがる!(っ`ω´c)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マヒ

Author:マヒ
地味ながら結構更新してる。
そんなブログを目指しています。
ああ、こんな人いたなって、
そのくらいな人になりたいね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR