スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソドマスリフ 第16章外伝R

前回は時間がなかったための場繋ぎ程度のやつでした。
まぁ本気でGAMEOVERしたんですけどね



ローロー・クライネが倒れた今、残るはカタリネのみとなった暗殺軍団。
それの長であるエレミアは言葉の重みでカタリネを脅迫し出撃させます。
きずぐすりとカタリネ、お互い戦いたくなかった戦いを繰り広げることになります!

たった50%、たった7 されど50%、されど7

本章でもっとも恐ろしいのはスナイパー。
本作の50%は本当に50% 1/2の確立で当たり、それが二人。
そこにカタリナの高命中率のリザイアがくるため、
全段当たってしまうと傷薬での回復が間に合わなくなってしまいます。



また敵の倒す位置や順番も大切。
本章は自軍の近くに砦があるのですが、そこからは増援が沸き、さらに待機している敵軍は
少しでも動くと、その砦を塞き止めている味方軍を攻撃できるようになってしまいます。
左は失敗例、右は成功例。なぜかというと



このように砦へ進む敵兵を越させないようリフ様で塞き止める必要があるためです。
左では壁形になるため守りにいけなくなりますしね。
出来る限り、リフ様ひとりでやりたいのでね。



上手にカタリナを釣った後はきずぐすりで急いで説得を。
ここでもスナイパーが邪魔となるため、ひとりしか攻撃できないような形にします。



3回説得の上でついに仲間に
元々孤児院に送られたひとりとしてエレミアに育てられてきたカタリナ。
突如暗殺軍に変わってしまうも育ててくれた人は裏切られず、
きずぐすりとの関係を打ち切りたくとも打ち切れないカタリナの心情を描かれております。
FEシリーズでも類をみない人、常時病んでいるようながらも優しさに満ち溢れた心。
まさに影の英雄(マイユニ)の影のヒロインといったところでしょうか。





今までに行った悪行を死しても償おうとするカタリナ。
マルスはそれを許し、優しく迎えてくれました。
王道でも邪道でもあるストーリーですよね。本作。
なんだかんだで一番やりこんだFEです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マヒ

Author:マヒ
もう書くことはないかなー。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。