スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<●>

デパートで置いてあったこの子のソフビは異様なオーラを出してた。
そして、私は恐竜戦車のソフビに手を出していた。




奇獣 ガンQ
熱反応がない生命を持たない存在。
我夢の解析をもってしても「不条理の塊」という結果しか得られなかった。
その正体は戦国時代の呪術者・魔頭鬼十朗が呪いの力で復活し、
変身した姿であった事が再登場時に判明する。
ガンQという名称は劇中で「中央新聞」という新聞社が付けた名前である。

山脈で突然現れた巨大な目玉はXIGファイターSSの放ったミサイル2発のうち
1発を撃ち返して米田機を撃墜。もう1発を吸収して消えた。
そして、ミサイルの弾薬や岩石で体を構成し幕田市に出現。
ガイアを吸収し精神的攻撃で苦しめたが、ガイア突撃戦法で中から粉砕された。

その後、魔頭鬼十朗の力で強力になって復活。
しかし前回ガイアにやられたことにより、不完全な形での復活となった。
だが、魔頭の子孫である中学生の沢村少年の力を取り込む事で完全体になった。
体中の目玉を飛ばし全方位からガイアを怪光線で攻撃したが
沢村少年の超能力で不完全体に戻って弱体化し、フォトンストリームで倒された。
(wikipediaより引用、一部改変)

非常に不気味な奇獣。
ガイア怪獣の中でも、その不気味さから人気も知名度も高い奴です。
特に第二形態はイベント会場などでも着ぐるみの姿がよく見られます。
正直、平成怪獣はよく覚えてなかったのですが、そんな中私も覚えていた奴でしたな。
第三形態の不気味さとかも特にね。

話もお気に入り、特に第三形態の話は好きでしたなぁ。
沢村少年には感情移入して見れたので、ガイアの中でも一番印象に残ってるかも。
第三形態の不気味さが当時、軽いトラウマになってたことが印象に残る秘訣なのかな。
ということで、ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マヒ

Author:マヒ
地味ながら結構更新してる。
そんなブログを目指しています。
ああ、こんな人いたなって、
そのくらいな人になりたいね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。