アニメ感想

ということで艦これアニメ全12話、終わりましたねぇ
率直な感想はもうちょっと一点に絞れなかったのかなぁと。

艦これはFEなどと同じく沈んだ艦はそのままロストするシステム。
そのためそれをアニメに反映されるのは、
ゲームの滅びの美学を魅せるために非常に使いやすい部分なはず。
その肝心な部分、もうちょっとこだわって見せられなかったのかなぁ
1話1話はなんだかんだで面白かっただけにもったいないところ。


アニメ弥生2

特にもったいないのは3話で登場した弥生。
艦これに登場する艦娘は深雪や初風など自分が沈んだことを明白に記憶してる艦娘。
時雨改二や卯月改など仲間の艦娘の形見(?)を所持している艦娘など、
元ネタの艦の負な部分もリスペクトした艦娘が複数人いて、
その中で弥生は明らかに形見と思われる物を持った艦娘なのです。

台詞で第三十駆逐隊のことをよく口にする中、如月と卯月には一切普及なし。
そのこともあり主砲に付いたリボンは如月の物と見て間違いないでしょう。
そしてボロボロなリボンから、
艦娘化した上でもう一度史実と同じ轟沈を経験してる艦娘であること。
これほどのアニメ栄えがするキャラを出しておきながら使わないのは、
ちょっとセンスが足りないんじゃないかなぁと思いますね。睦月型提督として。

12話にて如月は深海棲艦化してたのではないか?といった感じの描写もあったも、
それをするなら中間棲姫という、ゲームでは明らかに赤城の魂が入ってそうな
深海棲艦で掘り下げればいい要素であったろうにと思いますね。
そちらなら沈ませなくても使える艦娘と深海棲艦の関わりですし、
私が求めてたのは沈んだなら徹底して"沈んだ"だけで終わってほしかったことです。


なんだかんだで褒められる部分も結構あるんですけどねぇ
7話とかピンチから一転し勝利をつかむまでの流れとか見ててワクワクしましたし。
睦月を仲間想いで誰よりも戦闘の怖さを知っている艦として描かれていたこととか。

とりあえずまとめて言いたいことを書くと
○如月の轟沈のタイミングをもっと考えられなかったのか。
○日常と戦闘のバランスが全体的に悪め。
○提督が吹雪を育てる理由を機動部隊の要になる等言いようがあったのではないか。
この辺ですかね。提督は9話で空気なりに株を上げたのに、
10話で全てを台無しにさせられた感があってこちらも中々不憫。


さて、続編が製作されることも決定されましたが、
そのまま続編であるのなら如月の髪飾りを生かした話を作ってもらいたいこと。
またはポケモンでいう赤緑→金銀のような感じの続編であるなら、
吹雪や赤城らは金銀のレッドのような立ち位置に置き、
新たな艦娘による戦いとして描いてもらえないかなといった感じ。

どちらにせよ、おしい出来になっちゃったよなぁ
続編こそ頑張ってもらいたいところです。それではー。
スポンサーサイト
プロフィール

マヒ

Author:マヒ
地味ながら結構更新してる。
そんなブログを目指しています。
ああ、こんな人いたなって、
そのくらいな人になりたいね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR