スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンシービビヨン

http://3ds.pokemon-gl.com/information/0a943e53-bbfa-43de-99d3-fc242e2f43c7

ついにファンシー模様のビビヨン配布ですよ!
ポケモンは最近すっかりやらず、特定の生主さんがやってる時にやる程度と、
ぼちぼちではあるのですが、やる気の出るニュースが来てくれたものです!

l_537ef97b9b03e.jpgファミ通さんから拝借、こんな模様。

ちなみに不思議な贈り物でもらった時点で性別が固定されるようで、
個体値、性格、特性はランダムとなっている模様。
羽模様は♀よりですが、プレシャスボール入りなので♂も結構似合います。

まぁ当分ポケモンはこの子の厳選ですね。
臆病、CSorHS,Vまでは最低限として粘りたいですかねぇ!
場合によっちゃめざパがいい感じなら採用もありえそうかな。
とにかくガチな対戦にも最低限参加できるようにしてあげたいところです!

ということで、久々なビビヨニストを発揮しました。
ではっ!ORASが発売されたらスコールビビヨンを厳選できるようするんだ・・・!
スポンサーサイト

ビ ビ ヨ ン

http://www.pokemon.co.jp/info/2014/05/140523_gm01.html
ポケモンオフシャルサイトより。

新たな模様のビビヨンが公開だそうです!
GTSで交換されたポケモンが8700万匹になったことを記念して、
1億匹交換されたときに、その新しいビビヨンが全プレイヤーに配信されるとか!

さぁみなさんGTSで交換しましょう!
うっひょービビヨンちゃーん!

ファミ通大会を終えて。



なんという地味な結果。

そんなこんなで終わりましたねー。ファミ通大会。
なんというか、現環境はどんな感じかというのを、
改めて知ることができる大会でした。
最高レートは1580くらいだったなぁ・・・

ちなみにパーティの方はどんな感じだったかというと、
ファミ通大会2
※クリックでちょっと大きくなります。

主にファスガや猫だましで相手を上手に止めて、
ビビヨンで眠り粉を撒きながら殴り続けるのが今回のパーティ。


とりあえず戦っていて印象深かったのをまとめてみると。
とにかくプテラとモロバレルが多い。
前者は自慢の速さを生かした岩雪崩による場荒らしと、フリフォによる拘束。
後者は怒りの粉を利用した縛りと、キノコの胞子での行動封じが凶悪でした。

とくにモロバレル。
こいつは自慢の耐久を生かし、ゴツメ&怒りの粉で直接攻撃系を拘束してきて、
また弱点を突いても倒しづらい、相方に厄介なアタッカーを抑えている、
突然のトリパ等々...
とにかく厄介で仕方がなかったです。

そしてこの戦いを期に、カロスダブルの現環境は、
水ロトム草ロトム な気がしましたね。
水ロトムの範囲はたしかに、非常に優秀ではあるのですが、
この上記のモロバレルを相手するとピッタリ止まってしまいます。
そしてモロバレルは相方として飛行系、水系のポケモンをフォローすることが多く、
怒りの粉のせいで、せっかく相方を狙いたいのに狙えないということばかりでした。
草タイプなため粉系の技を無視することができる草ロトムは、
その上記の点を抑えることができ、環境に刺さってると思います。


他には、やはり600属達でしょう。
威嚇を撒きつつ、スカーフを持っていることが多く範囲も広いボーマンダ。
ぶっ飛んだ強さはなくも安定性が凄まじいガブリアス。
スカーフ、ヨプの実、チョッキなど型が多く火力、耐久ともに優秀なバンギラス。
どいつもこいつも非常に対処に悩まされましたね。

特に私のパーティに入っているガルーラはいるだけで厄介ということもあり、
警戒として威嚇を撒かれやすく、対処に困り続けておりました。
そのため、ガルーラの相方に威嚇に強いキリキザンなんかを採用したいところか。


正直ポケモンには飽きを感じつつもありましたが、
結果発表でちょっと気持ちが戻ってきた気がしないでもないです。
ただシングルは当分フリーで遊ぶ程度かなー。
ちょっと余裕を持てないまま戦っている気がしましてね。
ということで、ではではっ!

ファストワイド

今月18日はインターネット大会!
「ファミ通チャレンジ」というカロス図鑑限定のダブルの大会ですね。
みなさんはそのための準備が済みましたかね?

かくいう私はどうなのかというと、全然間に合ってません。
ノーマルダブルで1730までレートが上がったということで、
完全に油断してましたね・・・
今回の大会はレーティングバトルでのスペシャルレートと同じルール。
故にスペシャルをやることで大会の練習ができるといった仕様なのですが、
過去作に基本的に縛られない唯一のレートなため、プレイヤーの質が高かったです。

そして準伝がいないからこそ動きやすいといったポケモンも多いため、
そのために私がダブルで活用していた戦法がスペシャルだとうまくいかないと、
そういった現状に押しつぶされ、見事に1450台に留まっております。

ダブルではフレンドさんからもらったマリンビビヨンを使用中。

さて、そんなこんなで私はどんな戦法で大会を勝ち進みたいかというと、
私が今作で最も愛しているポケモンである、ビビヨンを活用したパーティです。
やることは非常にシンプルで、スカーフビビヨンで相手1体を眠らせて、
もう片方を猫だましで止めることで相手に何もさせずに勝つという戦法です。
いわゆる地雷パーティ的な立ち位置にいる戦法ですかね。

しかしビビヨン、ダブルであるが故に弱点が明白すぎるのです。
まずタイプや種族値の耐久力の無さはもちろんのこと、スカーフ故の出落ち率。
ダブルで凶悪な吹雪、岩雪崩、熱風などの範囲攻撃が見事に弱点な点。
ファイアローのブレイブバードで綺麗に落ちてしまう等々・・・
結構厳しい位置にいます。

そこで今回はファストガードワイドガードに注目することに。
ファストガードは優先度3(猫だましと同値)で相手の先制技を防ぎ、
ワイドガードは相手及び自分の範囲攻撃を防ぐことができます。
特にファストガードはファイアローを止められる優秀な手段なため、
ぜひともパーティに1匹は覚えたポケモンがほしいところ。

ということで探した結果。
私はコジョンドに注目することにしました!
コジョンドは特性精神力により猫だましをくらっても怯むことがなく、
さらにファストだけにとどまらず、ワイドガードも使用可能!
自信も猫だましを覚えられると、ビビヨンに組ませるならピッタリな人材ですね。

とはいえダブルだととび膝蹴りの採用は少し怖く、
残りは波動弾かドレインパンチと火力不足な技というのが気になるところ。
ガード系は技スペース的にワイドガードの採用は厳しいかもですね。

とまぁそんな感じ、しかしある程度は固まってきたため、
急いで最後の準備を終え、やっていきたいところですかね!
そんなこんなで、ではではー。

んあ

 ※画像クリックで大きくなります。

これだからポケモンは最悪のクソです。
と、勝率が安定しなくなってきた私です。
上記の負けまくりの画像の隣の画像も、その後さらに2連勝してますし、
本当に上がって下がってが繰り返されまくっております。

ここまでくるとプレイングうんぬんではなく、パーティに欠陥があると思い、
試しに選出時点で縛られがちなコバルオンを別枠に変え、色々試しております。

んー、もう最近低迷気味ですっかり書くことがない。
そろそろとび森あたりでお茶を濁しましょうかね。
ではねー。
プロフィール

マヒ

Author:マヒ
もう書くことはないかなー。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。